« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月16日 (土)

hybrid賛

ボールペンはゲルインキのぺんてる「hybrid」が最高だと思い、ずっと愛用している。

続きを読む "hybrid賛" »

2010年10月11日 (月)

書評『三島由紀夫レター教室』

 まともに三島を読んだのは実は初めてだったのですが、軽い作品で楽しく読めた。これが三島の真骨頂ではないんだろうと思いつつ。
 タイトルは「教室」となっているが、これは作者の遊び心で、何人かの登場人物間の間を往復する手紙を次々に読み進む形で物語が展開される恋愛小説である。複数人の手紙という形を取ることで、テンポよく主体が切り替わっていくのと並行して、というかそれぞれの主観があっちへ行きこっちへ行くにつれてお話が二転三転する、という、いかにも心憎い構成。三島さんて頭の良い方なんですねえ。

続きを読む "書評『三島由紀夫レター教室』" »

2010年10月 5日 (火)

書評『昭和の空白を読み解く〈昭和史 忘れ得ぬ証言者たち Part2〉』(保阪正康)

 昭和史の重要なポイントに何らかの形でかかわった人物27人の、言ってみればミニ評伝を集めた本。Part1も読んだような気がするけれど、年齢のせいか覚えておりません。
 本書の特徴は「歴史上の人物」として人口に膾炙した人物よりは、どちらかというと歴史の陰にひっそりと生きてきた人間や、歴史というよりはまだ生々しい政治家・財界人として認識されている人物に焦点を当てていることと、昭和史を描くというよりはそれらの人々ひとりづつの人間性を描くことを通じて陰画のように歴史を浮かび上がらせるような構成になっていること。

続きを読む "書評『昭和の空白を読み解く〈昭和史 忘れ得ぬ証言者たち Part2〉』(保阪正康)" »

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter widget

  • twitter widget

他のアカウント

無料ブログはココログ