トップページ | 書評『1976年のアントニオ猪木』 »

2010年7月 6日 (火)

ブログとtwitterとその間のところ

もともと自分の備忘録+多少何か発信をしたいという思いはあり、昔からちょこちょこ何か書こうと思っていてすぐ飽きていました。
思い出してみればこんな感じ。

・2008年 blog開設→たしか3か月くらいで放置
・2009年 手帳で生活をアナログ記録
・2010年上期 twitterでぶつぶつ

ところが、twitterで書く内容がだんだん多くかつ密度が高くなっていき(といっても内容自体はどうでもいいこと、にもかかわらず)1回呟くのに1時間を要するようになって、twitterってもっと思い付きを気軽につづるものじゃないか、これは媒体が違うようですねということで、このBLOGを立てることにしました。

しかし。
BLOGとtwitterの併用という状態になってみると、BLOGではある程度ちゃんと完結した意味内容を持ってるものを書かないといけないという、twitterと逆方向のバイアスがかかるような感じがする。
本当は、その中間地帯の半生の言葉/意味の塊もあるんじゃないか。
なんというか、頭の中ではこういう分類で黄色のところが「中間地帯」という考え。

Hikaku11

タイトルの有り無しは結構ポイント。完成品としてパッケージングするかどうか、だからね。
さらに感覚的に言えば、こう。

Hikaku12

ちょっと破綻しているような気もするけど、言いたかったのは実は③のニーズは多いんじゃないのかなあということ。だらだら独り言を垂れ流すのはいやだけど、ブログとかだとかしこまっちゃってさ。という私のような人のことだけど。

そういう中途半端なことって、どこにどうやって表現すればいいのかな。

トップページ | 書評『1976年のアントニオ猪木』 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブログとtwitterとその間のところ:

トップページ | 書評『1976年のアントニオ猪木』 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

twitter widget

  • twitter widget

他のアカウント

無料ブログはココログ